2016/12/10

カメラ取り付けパイプを長くした。

今日はバイクには乗らずに、カメラを取り付けるパイプを
長いものに交換をしました



こうなりました。

PC100002_R.jpg

そしてアルミのパイプの小口にビニルのキャップを。

PC100003_R.jpg

このキャップには訳があります。

先日、ショップに行ったとき、オーナーから「このパイプの小口は危ないですよ」と、
言われたのですが、「大丈夫でしょう」と言い返した次に日に、
私がバイクを掃除してたら額をぶっつけて出血しました
急遽、キャップの取り付けをしたところです(笑)。

今日は午前中は天気が良かったのですが
家の洗濯機の給水パイプと蛇口から水漏れを見つけたので修理してました。
よって、今日は乗りません

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

奈良の吉野さんへ

おはようございます。

アルミのパイプを選んだのは試行錯誤しながらの選択でした。
以前の自撮り棒だと伸縮機能があり、使用しないときは短く収納できるので
便利でしたが前後左右の揺れが大きかったです。

今回、アルミのパイプに変えたのは素材の硬さを選びました。
こちらの方がだいぶ揺れが少ないと思います。
大きな解像度で撮影して、小さな解像度に落としますので
これなら揺れは思ってるほど気にはならないと考えてます。

しかし、これを付けて走るのは目立って恥ずかしいですね。
動画を撮影するときは取り付けますが
それ以外の時は外して乗ろうと思います(笑)。



こんばんは

長く伸ばされたんですね。
ブレがどうなるか心配ですね。
また結果報告の動画が楽しみですね。